« 2012年12月 | メイン | 2013年2月 »

2013年1月

2013年1月31日 (木)

いよいよ

いよいよ
なんとかイートイン部分以外は間に合って無事明日からドーナツ・デプト開店出来ます。私が今まで思いついたけどお蔵入りにしてきたものをおまかせなのをいい事に採用しまくりました。施主の二人もそれをイケてると言うて喜んでくれて何よりです、場所は箕面 牧落のオートバックス斜め前なのでぜひ行って下さい。

2013年1月29日 (火)

父子家庭

父子家庭
諸事情により何日間か娘と二人暮らしをする事になった。犬と猫もいるから二人きりではないのだが私の仕事が佳境の為 夜遅くなるのがかわいそうだ、念のため言っておくが嫁さんに三下半を突き付けられた訳ではない まだ大丈夫みたいだ、娘は不安がるかと思ったが「晩御飯の買い物 私が行くわ。」とむしろうれしそうなのが救いだ、気負い疲れかいつもより早く私の布団で犬と寝てしまったので私の寝場所が見当たらない、しばらくの間 寝不足になりそうだ。

2013年1月28日 (月)

そんなに

そんなに
クロス屋に裏切られたので別の業者を探してなんとか手配出来た。今日 仕事に来てもらったのだが親方が一緒に来て「ここのドーナツ屋さん メッチャ有名みたいですね、話したらほとんどの人が知ってましたわ。」と言われた、それなりに知れてるとは思ってたがあまり深く考えてなかったので少しビックリした、そんな有名な店やったらまったく無名な私が手掛けたりしたら ドーナツ・デプトの看板に泥どころかウンコ塗る事になるのではなかろうか?と思ったが私に頼んだのが運のツキって事で諦めてもらいます。

2013年1月25日 (金)

運命の日

運命の日
あれほど仕事をしてなかったお兄ちゃんが久しぶりに仕事をして出来上がった番組の放送日が2月1日、そして今 私が改装をしているドーナツ屋さんの開店日が2月1日、奇しくも同じ日なのだが 私の改装は間に合うのだろうか?

2013年1月24日 (木)

何か裏が?

何か裏が?
桜宮高校の体罰を受けての自殺の一件で体育科の受験が中止になった時メディアはこぞって生徒や受験生達の否定的なインタビューを放送した。これは体罰ではなく イジメであり傷害であるのにそれを黙認してきた他の教師や生徒達はあたかも被害者のような素振りで橋下市長を否定する、腐った土壌を浄化するべく行動を起こした橋下氏を私は評価するのだが説明が足りないが為にまた極論で物を言い行動するように映る。メディアはここぞとばかりに彼の評価を下げるべく全ての人が否定してるかのように報道する。勘違いしてはいけない橋下氏は市民が選挙で選らんだ市長でありその前は知事だった、民主主義で長の座についた人を事あるごとに否定的な報道をするって事はメディアとは報道とは全て圧力を持つ者のさじ加減である事が分かる。その腐った部分は浄化出来へんのかな?

2013年1月23日 (水)

新世紀

新世紀
毎日 人が遊びに来る現場だが それと同じくらい営業マンが来る。今までは 知らん 分からん 帰れ の三段活用で対応してきたがもっと効果的な方法はない物か?と模索していた、そんな矢先に下を向いて作業をしている私に「あのぅ すいません。」と声をかけてきた奴がいた、顔を上げると二十代であろう若い男が立っていた、目が合うと奴は「現場監督さんですか?」と聞いて来た、私は「イヤ エヴァンゲリオンやけど」と真顔というよりは怒った顔で答えた、一瞬笑いかけた奴は私の顔を見てこわばった、たたみかけるように奴をにらみつけたままノコギリとカッターを握りしめて立ち上がり「何の用や?」と聞くと「すいません、間違えました。」と言って走って帰って行った。

2013年1月22日 (火)

裏切りの街角

裏切りの街角
仕事を依頼していたクロス屋から電話があり入院する事になったから行かれへんと言う、それならば違う職人を手配してくれと言ったら病院やから携帯使われへんねんと携帯で電話して来てるくせに言うたからそれが嘘やと分かり ホンマの事言え と言うとマンションの仕事が入ったから仲間の職人達とそっちに行くと言うので 縁切りでええねんな! と言うと それで結構やと言いくさった。今まで信頼しあってると思ってたのにそんな物はお金の前ではなんの効果もない事を思い知った。

2013年1月21日 (月)

失礼な連中

失礼な連中
毎日 誰かしら現場に遊びに来る。今日は60過ぎのおっさんが二人で遊びに来て私の仕事するのを眺めながらあーだこーだ言うてたのだが耳を傾けると「なんでコイツにばっかりこないに仕事あるんかな?」と一人が言うともう一人が「人当たりがええんちゃう。」と言うと「ええか?」と言い「全く良くないなぁ。」と勝手な事を言ってるので「ウルサイ!帰れ暇人ども。」と言うたら「やっぱり良くないわ、コイツに仕事くるのたまたまやで」 「せやな、ワシらちゃんと靴下履いとるもんな。」と二人で好きな事言うて帰りやがった、くそジジイどもめ!

2013年1月19日 (土)

心境の変化?

心境の変化?
何ヵ月かぶりにデフ・レパード(畳屋)に電話をした。仕事がある事を告げると来週でいいと言ってるのに 今から行きます とかなりのはりきりようで電話を切った。しばらくして彼は現場にやって来た 「畳屋でふー。」といつも通りの挨拶で現場に入って来た彼に あれっ!と思った、疲れていたのかはたまた私が大人になってしまったのかいままで鉄板ネタであった「畳屋でふー。」の挨拶が全く面白くない。冷静に考えると最初から全く面白くないのだが彼をデフ・レパードと呼ぶようになってからは喜んで笑ってた、冷めきった私は彼に「もうそんな時代とちゃうねん」と告げ不思議そうに私を見つめる彼に「そろそろ新ネタ考えてな。」とデフ・レパードの呼び名を返上させるべく少し冷たく言い放った。

2013年1月18日 (金)

もう!

もう!
以前ブログに綴ったホームセンターで働く口半開きの残念な子が今朝 客のおっさんに起こられてた。店内に「お前さっきから何やねん!」と大きな声が聞こえたので目をやると半開き君がおどおどしていたので気になって近づくとおっさんが「お前それが客に対する口の聞き方か?」と言われてたので以前私に「オイ 大丈夫か?」と言ったように失礼な物言いをしたんやろなと思い そこは謝っとけや と心の中で呟いたが彼はおっさんに「何が?」と言ってしまった為にもっと怒ったおっさんは「責任者呼べや!」と言い出したので彼がクビになるかもと思った私は急いで箱入りネジをレジに置きおっさんに「一人でどんだけレジで時間使うねん、こっちは急いでんねん さっさと帰れや!」と言って無理矢理おっさんを帰らせた、基本的に半開き君は嫌いだがもっと私を楽しませて欲しいのでクビになっては困る。