« 2013年5月 | メイン | 2013年7月 »

2013年6月

2013年6月28日 (金)

交遊

交遊 最近仲良くしてもらってるNOMAMISE参加作家の和泉さんの家に行った、仕事の打合せという建て前でお邪魔したのだが家を見てビックリした、今まで見たことのない面白い作り・内装に見とれた、色々と説明を聞いたが見るのに夢中で耳に入らなかった、近頃の生活動線を無視したデザイナーズハウスなるものを設計してる奴らに見せてやりたいものだと思ったがパクるだけだと思ったので写真を撮るのもやめておいた、そして奥にある和泉さんの部屋に行き色んな楽器をいじって遊び肝心な仕事の話よりも雑談ばかりでとても楽しかった、私の話の脱線に冷ややかな反応をするかと思った和泉さんはニコニコしてずっとご機嫌で妙に優しかった。

2013年6月27日 (木)

変質者

変質者 最近何故か仕事をしていると作業ズボンのチャックが下まで降りて全開になっている、幸いパンツはちゃんと履いているので私のネッシーが顔を出す事はないのでそないに気にしてなかったのだが 今日の夕方にトラックに積んである道具を取りに外に出ると小学校1・2年生くらいの男の子3人が帰宅中であろう向こうから歩いて来た、私はトラックに近づく為に彼らのほうに歩を進めると一人の男の子が私を指差して言った「チンコおっさんや!」すると残りの二人も「ホンマや、チンコおっさんや!」とかぶせてきた、瞬時に「バレてる。」と思った私は何故バレたか原因を探そうと思ったらチャックが開いてる事に気づき「良かったバレてない。」と安心して3人の子ども達に「チンコ チンコー」と言って両手を上げて追い掛けた、子ども達は大喜びしながら走り出し私はそれを追った、子どもらが角を曲がったので私はもう一度「チンコ」を連呼しながら加速した、角を曲がった所には若い女性が居て凍り付く程の冷たい視線を私に浴びせてきた、せめてチャックは上げてか
らやるべきだった。

2013年6月26日 (水)

変えんなや

変えんなや 人並みにサッカーが好きなのだが厳密に言うとサッカーと言うよりロベルト・バッジオが好きだった、数年前に現役を引退したので私のサッカーへの感心は少し薄れたのだが最近気になる事がある、私が好きで見ていた頃はバッジオだったのに近頃はバッジョと報道されている、なんで?変えんでええやん、バッジオは間違いやったん?最初からジローラモに相談してたらこんな事にはならなかったんちゃうの。

2013年6月25日 (火)

未熟者

未熟者 今日は高齢者の家の工事を三軒まわった。うち一軒は老夫婦でお父さんが末期ガンで自宅療養していた。10年近い付き合いなのだが夫婦二人で私にそして娘に良くしてくれた、だからお父さんを見るのが辛くて見ないようにして工事を終わらせて帰ろうとした時にお父さんがお礼を言いながら起き上がろうとしたのでなだめて寝てもらったのだがその姿は医者でない私にも分かるくらい死期が近い事が悟れた、すぐにその場を離れお母さんに挨拶して帰ろうとしたら「お父さん もうアカンやろ、長ないやろ」と言われた、こんな時どんな言葉が適切なのか44年も生きててまったく分からない、人を慰めたりしないし常識人でもないので黙ってうつむくしかなかった、何も言わないまま深々と頭を下げて現場を後にした、車に戻って少し泣いた、やるせない思いと不甲斐ない自分が悔しくて。

2013年6月24日 (月)

結局は

結局は 今年に入ってから仕事も順調で自治会長といういらん仕事も増えたから酒の量が増えた、それは一旦引っ込んだお腹を見事に再生したので仕事がしんどくなって来た、体調もよろしくなくなってきたので少し量を減らそうと数ヵ月前から腹筋を始めた、何故腹筋かと言うとある程度呑んでから運動をすると酔いが回って早めに満足するからである、最初の頃は狙い通り少し減らす事が出来たのだが最近は慣れて来てもうて百回やってまた呑んで もう五十回やってもっと呑んでしまっている、運動の後の酒は美味いという事で結局一緒や

2013年6月23日 (日)

里子へ

里子へ 我が家の仔猫が2匹、NOMAMISE参加作家さんのkkjkさんの家にお世話になる事になりました。もともと2匹の猫を飼っているので猫好きなのは分かっていた、冗談半分であと何匹飼えます?と聞いたら あと2匹くらいまでは と快い返事をもらったので今日 連れて行った、見た目はやっぱり仔猫やから文句無しで可愛いので夫婦二人でニコニコして喜んでくれてたが 先住民の猫さん達との相性があるのでどうなるかわからないがうちの子を引き取ってくれた事に感謝です。

2013年6月20日 (木)

隣人

隣人 久しぶりの真面目な降りを見せる雨の為 雨漏りが凄いから見に来てとの電話があり出向いた。以前に私ではない業者に修繕してもらったのだがよけいに漏るようになったと言うので家の中に入り天井を見ると確かに酷かった、どっちみち天井は張り替えないとアカンのでめくらせてもらったらアッチコッチに光がもれて見えるので大きなビニールを下から貼って漏れた雨水を一ヶ所に集めるように応急処置をして後日に屋根に上って本工事をするようにして帰ろうと車に乗ろうとすると隣のオッサンが玄関先で「兄ちゃん ちょっとちょっと」と言って手招きしている、現場に戻らないといけなかったので私はその場で「何?」と聞いた、オッサンは「いいから ちょっとちょっと」と言う、私は「ええ事ないから 何?」と言うと「うちも雨漏りしてんねん」と言うから「あっそう」と言って車に乗り込みエンジンをかけた、するとオッサンは車のドアを開けて「ちょっとだけ 見てや」と言ってきたので「見たって今何も出来へんし 急いで現場戻らなアカン
ねん」と言ってドアを閉めようとしたら「困ってんねんから助けてくれや」と少し荒い物言いをして来たので「俺は世話になってる自分のお客さんを助けに行かなアカンねん、オッサンには何の世話にもなってないから助ける義理はないねん」と言うと「仕事頼んだるんやから俺もお客さんやろ!」と上からの物言いに「それはお客さんとは言わんねん、クソジジイって言うねん、どけ!クソジジイ」と丁重にお断りしました。

2013年6月19日 (水)

何で?

何で? 現場で打合せがあった。元請け会社の人に「めちゃめちゃうるさいお客さんやからちゃんとして来てな。」と言われたので迷わずアロハで出向いた、車から降りてすぐに「お前 人の話聞いてたんか?なんやその格好!」と元請け会社の人に怒られた、言うてる意味が分からなかった私は何も言わず工事予定の家のインターホンを押した、すぐに家の人が出て来たので「来月からの工事を請け負ってるよしみ工房と言います、現場見せてもらっていいですか?」と言うと家の人が「おたくはなんでそんな身なりで仕事にくるんや?」と怒ってる、だが私はおたくと言われる事を異常に嫌うので「何故 人がよしみ工房とキチンと名乗ってるのにおたく呼ばわりするんですか?」と問うた、すると家の人は「そんな事はどうでもええねん。まずその身なりをなんとかして来なさい。」と言う、その時点でこの家の仕事はしないと決定したので思いきり言うたろと思ったら元請け会社の人に腕を掴まれて車に押し込まれた、そしていっぱい怒られた。意味分かんなぁーい

2013年6月18日 (火)

悟 ハムスターが昨日 逝ってしまった。だいたい二年が寿命なので二年と3ヶ月程生きたから長生きしたほうなんやけど1週間くらい前までは普通に車を回したりして元気だったのでビックリした、そしてもっとビックリしたのが2日前にややが寝ているハムスターに向かって急に吠え出し小屋の回りを掘る真似をしたりしてまるで起こそうとした時から起き上がらなくなりそのまま眠るように逝った事だった、そうそれはまるで死期が分かったかのようだった。

2013年6月17日 (月)

輝 昨夜のNOMAOTOにはやられた初出演のダンサーに一瞬で釘付けにさせられた。特にケツにバラを挟んで踊るのを見たとき嫉妬すらした。私も挟みたいと強く思った夜だった。